Simply Dead

映画の感想文。

『フィクサー』(2007)

『フィクサー』
原題:Michael Clayton(2007)

michaelclayton_poster.jpg

 傑作。近頃では稀有な“大人の男のシリアスドラマ”を真っ向から描いた、気概に満ちた作品だった。骨太な社会派エンタテインメントとしても一級品。テンポよく硬質な演出と、気迫みなぎる役者の演技でグイグイ引っ張り、最後までテンションを落とさず見せきってしまう。CGを使った特殊カットも一切盛り込まず、ただ現実に在る人間たちのドラマを映しだすだけで、ソリッドな娯楽映画を成立させた作り手の心意気が嬉しい(だから、エンドクレジットのなんと短いことか!)。

 主演のジョージ・クルーニーが、久々に本気でかっこいい。普段の軽妙な味や胡散臭さを封じ、苦み走った寡黙な中年男の哀愁を漂わせ、最高の演技を見せている。彼が演じる“フィクサー”とは訴訟に関与しない揉み消し専門の弁護士のこと。日本でフィクサーと聞いて思い浮かべる大物のイメージとは違い、本作の台詞の中では、どちらかというと姑息に暗躍する何でも屋といったニュアンスで使われている。「ニッチ(適材)」という言葉も劇中で何度か出てくるが、クルーニー扮する主人公マイケル・クレイトンは、そんな裏の仕事が天職だと認められてしまった男。常に自己嫌悪と隣り合わせの日々を送り、妻とも離婚し、肉親の作った借金まで背負っている。人生に追いつめられた者の鬱屈を、クルーニーは笑顔ひとつ見せない抑えた芝居で妙演。クライマックスの逆転劇でも、シリアス俳優としての実力を出しきっている。これで惚れ直す人も多いのではないだろうか。

michaelclayton_wilkinson.jpg

 しかし、本作でもっとも強烈なインパクトをもたらすのは、主人公の同僚アーサー役のトム・ウィルキンソンだ。悪徳企業の庇護にうんざりし、ノイローゼに陥ったあげく「正義」という名の狂気に目覚めてしまうベテラン弁護士を、かつてないほどの凄まじい迫力で熱演している。映画の冒頭を飾る、狂気に満ちたモノローグがとてつもなく素晴らしい。破滅的なおかしさと本物の威圧感がみなぎる最高の演技だ(この人だけは『フル・モンティ』に出てたって本気で怖い)。『フィクサー』は彼のベスト・パフォーマンスと言えるのではないか。

 そして、敵役にあたる巨大農薬会社の法務部長カレンを演じた英国人女優ティルダ・スウィントンも素晴らしい。恐ろしくもありながら大いに同情をさそうキャラクター造形が出色で、それをガラス細工のように冷たい美貌をもつスウィントンが張りつめた表情で力演。一瞬たりとも目が離せない。オスカー受賞も納得だ。

michaelclayton_tilda.jpg

 珍しく事前情報を何も持たずに観に行き、オープニングにもスタッフクレジットがなかったので、最後まで誰が監督した映画なのか知らずに観た。それで余計に楽しかったのかもしれない。途中でシドニー・ポラックが役者として出てきたので「ひょっとして……」と思ったけど、すぐに「いや、今のポラックにこんなきびきびした映画は撮れないよな」と思い直した。最後になってようやく名前が判明。監督・脚本、トニー・ギルロイ。ああ『ボーン・アイデンティティー』の脚本家だ。なるほど。

 男くさい社会派ドラマを真っ向から語りきろうとする姿勢、予想を裏切る時制トリックを織り込んだシナリオの構造、その態度はひたすら自信に満ちており、揺るぎない。ラストカットの長回しも堂々たるものだ。プロデューサーとして名を連ねるスティーヴン・ソダーバーグや、S・ポラックを思わせる演出テクニックも吸収しつつ、デビュー作にして確固たる自分の映画を作り上げていて、とても好感が持てた。ファンタジー小説をモチーフに使うギミックのあたりは少し余計だったけど、よくできたシナリオを作者の意図どおりに映像化しきった充実感は伝わってくる。

michaelclayton00.jpg

 やっぱり冒頭のシーンが何しろかっこいい。留守電に吹き込まれた明らかに狂った男のモノローグを背景にした弁護士事務所のカットバックで、完全に心を奪われた。ここでいきなり謎をふっかけられた観客は、主人公ジョージ・クルーニーが画面に登場した時に「なるほど、この導入部で彼がさっきの留守電野郎の危機を救い、鮮やかな“揉み消し屋”ぶりを見せるのか」と思う。しかし予想は覆される。主人公は疲弊しきった表情のまま特にめざましい活躍をすることもなく、また別のサプライズが起こり、観客ともども呆然としている間に、話は数日前にさかのぼってしまう。この説明を排したスリルのたたみかけが見事だ。『ボーン』シリーズでも本来目指していたのはこのニュアンスなんだな、と確認できる。

 そして、社会悪を描写するリアリティ。これが何しろ卓抜している。『エリン・ブロコビッチ』や『シビル・アクション』といった企業の悪事を糾弾する社会派作品からも、一歩抜きんでた印象がある。

michaelclayton_swinton2.jpg

 物語上では“敵役”にあたる企業法務弁護士のカレンは、別に冷血漢でも悪魔でもなく、我々のごく身近にいるタイプの人間として描かれる(それどころか努力の人と誉め称えられてもいい)。企業の防波堤として日々プレッシャーと戦い、責任ある大人として己に与えられた職務を全うしようとするがゆえに、彼女は人の道から外れる。それがどんなに恐ろしいことか分かっているにも関わらず。しかし立場上、そこに選択の余地はない(と、彼女は思い込んでいる)。今この世界にどれだけカレンのような人間がいることだろう? 社会的地位や報酬と引き換えに、プレッシャーにまみれ、倫理や信義に目をそむけ、自分を見失った人間が。彼女が脇にでっかい冷汗のシミを作って緊張に喘ぐ姿や、自宅で何度もスピーチの練習を繰り返す姿を執拗に映しだす演出は、鮮烈にリアルだ。

 本作には、今までずっと勘違いされてきた「人間味のある悪役」という言葉が、やっと正しいかたちで実現している、という感動があった。たとえば『ザ・ロック』のエド・ハリスみたいに、型通りの悪役に中途半端な味付けとして「人間的な弱み」とかを加えるのではない。元々どこにでもいる普通の人でしかないキャラクターが、ある特殊な立場にいるために器以上の悪をなさざるを得ず、さらにプレッシャーやコンプレックスを肥大させていく。そうした成立過程こそ現実社会における“悪”のリアリティではないか。善玉VS悪玉という明快な図式を好むハリウッド映画にしては珍しく、トニー・ギルロイはそんなリアルな敵役を見事に作り上げてみせた。

michaelclayton02.jpg

 社会人として生きる人間にとって、この映画に登場する「どんづまり」に陥った人々は、とてつもなくリアルに映る。生活のためには自分を裏切り、他人を傷つけ、環境を破壊することも致し方ない。だが、クルーニー演じるマイケル・クレイトンも、はたまたウィルキンソン演じるアーサーも、ある瞬間にそこで捨て身の決意をもって踏ん張り、己の信義を守ってみせることができた。しかしカレンは、現実の大多数の人がそうであるように、正義に目覚めるチャンスを逸する。

 地獄に堕ちないためにどう生きればいいか、少しでも考えさせてくれる良作である。

・Amazon.co.jp
DVD『フィクサー』
オリジナル・サウンドトラックCD『フィクサー』


監督・脚本/トニー・ギルロイ
製作/シドニー・ポラック、ジェニファー・フォックス、スティーヴン・サミュエルズ、ケリー・オレント
製作総指揮/スティーヴン・ソダーバーグ、ジョージ・クルーニー、ジェームズ・ホルト、アンソニー・ミンゲラ
撮影監督/ロバート・エルスウィット
プロダクションデザイン/ケヴィン・トンプソン
衣装デザイン/サラ・エドワーズ
編集/ジョン・ギルロイ
音楽/ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演/ジョージ・クルーニー、トム・ウィルキンソン、ティルダ・スウィントン、シドニー・ポラック、ロバート・プレスコット、マイケル・オキーフ、オースティン・ウィリアムズ、メリット・ウェヴァー、ショーン・カレン

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/264-4b48b016
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「 フィクサー / Michael Clayton (2008) 」

【フィクサー】2008年4月12日(土)公開 監督 : トニー・ギルロイ ...

  • 2008/04/23(水) 21:27:08 |
  • MoonDreamWorks★Fc2

FC2Ad