Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欲しいDVDリスト・海外編[2008.4+α]

blast_silence_usdvd.jpg

円高大歓迎の洋盤DVDリストのお時間です。今回は4月発売の海外盤から個人的に「これは!」と思うものをピックアップ。各商品タイトルのリンク先はDVD Fantasium、Amazon.com、Amazon.co.ukなど各国の通販サイト。


●発売中
adrian_messenger_ukdvd.jpg

『秘密殺人計画書』The List Of Adrian Messenger (1963)
英国盤(PAL)。フィリップ・マクドナルドの小説『ゲスリン最後の事件(a.k.a.エイドリアン・メッセンジャーのリスト)』を、ジョン・ヒューストン監督、ジョージ・C・スコット主演で映画化した作品。スコットランドヤードに勤める主人公が、友人から1枚のリストを渡され調査を頼まれるが、そこに載っていた人々はいずれも事故死しており、友人もまた謎の言葉を遺して死んでしまう……。リストに載った人々を演じているのはカーク・ダグラス、ロバート・ミッチャム、バート・ランカスター、フランク・シナトラなどなど、豪華な顔ぶれ。(Paramount Home Entertainment)


●2008.4.1発売
『ソウルサバイバー』Sole Survivor (1982)
米国盤。飛行機事故で1人だけ生き残ってしまった女性が、死者たちに襲われる……。『恐怖の足跡』の翻案にして『ファイナル・デスティネーション』の元ネタとなった、トム・エバーハート監督のカルトホラーが初DVD化。リマスター本編、主演女優とプロデューサーによる音声解説、キャストインタビューなどを収録した豪華盤。(Code Red/Navarre Corporation)


●2008.4.3発売
『ミラクル7号』長江7號 (2008)
香港盤。チャウ・シンチーの3年ぶりとなる監督・主演作が早くもDVDリリース。貧乏な親子と役立たずの地球外生命体の交流を描いたSF感動巨編。Blu-rayも同時発売。英語字幕入。(ERA Home Entertainment)


●2008.4.8発売
chromophobia_ukdvd.jpg

『Chromophobia』 (2005)
英国盤(PAL)。ある裕福な家族の崩壊劇を、豪華キャストで描いたドラマ。出演はペネロペ・クルス、レイフ・ファインズ、リス・イヴァンス、クリスティン・スコット・トーマスなど。監督はレイフの妹で『オネーギンの恋文』に次ぐ長編第2作となるマーサ・ファインズ。タイトルの“Chromophobia”とは「色彩嫌悪症」という意味だとか。(Momentum Pictures)

「Mike Leigh Collection」
英国盤(PAL)。マイク・リー監督の代表作をまとめたDVD-BOX。劇場長編デビュー作『Bleak Moments』を初め、『Meantime』『ハイ・ホープス/キングス・クロスの人々』『ライフ・イズ・スウィート』『ネイキッド』『秘密と嘘』『トプシー・ターヴィー』『キャリア・ガールズ』『ヴェラ・ドレイク』『人生は、時々晴れ』の計10本を収録。(Spirit Entertainment Ltd)

『バロン』The Adventures Of Baron Munchausen: 20th Anniversary Edition (1989)
米国盤。「ほらふき男爵の冒険」を映像化したテリー・ギリアム監督の一大ファンタジー絵巻。DVDでは初めてリリースされる豪華版で、ギリアムと脚本・出演のチャールズ・マッキーオンによる音声解説、メイキングドキュメンタリー、削除されたシーン、撮影されなかったシーンのストーリーボード(監督とマッキーオンのお芝居つき)などが収録される。Blu-rayも同時発売。(Sony Pictures)

『デイ・オブ・ザ・デッド』Day Of The Dead (2007)
米国盤。『13日の金曜日』シリーズや『ガバリン』のスティーヴ・マイナー監督による『死霊のえじき』リメイク。日本ではムービーアイ配給で2008年下半期に公開予定。出演はミーナ・スヴァーリと、リメイク『ドーン・オブ・ザ・デッド』にも出演していたヴィング・レイムズ。評判は散々だけど観てみたい……。(First Look)


●2008.4.14発売
『St. Trinian's』 (2007)
英国盤(PAL)。全英最悪の女学校と謳われる、聖トリニアン学園の女生徒たちが繰り広げる騒動を描いたガールズコメディ。カタブツ教育長をコリン・ファースが演じ、女子寮長をルパート・エヴェレットが怪演。監督は『理想の結婚』のオリヴァー・パーカーと、製作者のバーナビー・トンプソン。(Entertainment in Video)


●2008.4.15発売
beforethedevil_usdvd.jpg

『Before The Devil Knows You're Dead』 (2007)
米国盤。御年83歳の巨匠シドニー・ルメット監督の最新作。ある2人の兄弟が、金欲しさに自分達の両親が営む宝石店に強盗に入る計画を立てる。自ら手を汚したくない彼らは、友人を実行犯として雇うが、予想外の事態が起こり……という物語。兄弟役を演じるのは、イーサン・ホークとフィリップ・シーモア・ホフマン。(Image)

『Blast of Silence』Criterion Collection (1961)
米国盤。“失われたフィルムノワール”と名高い幻の一作が、クライテリオンからソフト化。クリスマスのニューヨークを標的を探してさまよう殺し屋の姿を、生々しいロケ撮影で描く。監督・脚本・主演はアレン・バロン。『Pulp』のライオネル・スタンダーがナレーションを担当している。(Criterion)


●2008.4.21発売
motheroftears_ukdvd.jpg

『The Mother Of Tears』 La Terza madre (2007)
英国盤(PAL)。ダリオ・アルジェント監督が久々にオカルトホラーに挑んだ最新作。近年の作品同様、派手な原色照明などは封じ、どちらかというと渋めのリアリスティックなルックで“今のオレにできるホラー映画”を手堅く撮り上げていて、なかなか良かった。「傑作!」とか「アルジェント帰還せり!」とかいうタイプの映画ではないけど、このマイペースな職人ぶりは快い。主人公を演じるアーシア・アルジェントのプロに徹した女優ぶりも感慨深いものがある。(Optimum Home Entertainment)


●2008.4.22発売
『The Walker』 (2007)
米国盤。ワシントンD.C.に住む裕福な女性相手にエスコートサービスをしている主人公ウディ・ハレルソンが、図らずも殺人事件に巻き込まれる……。ポール・シュレイダー監督の最新作。共演はローレン・バコール、クリスティン・スコット・トーマス、ウィレム・デフォー、モーリッツ・ブライプトロイ。(Think Film)

「British Horror Collection Quadruple Feature」
米国盤。イギリスが誇る不道徳ホラー映画監督、ピート・ウォーカーが70年代に手がけた4作品をパックにしたお買い得商品。最高傑作『Frightmare』を初め、『Die Screaming Marianne』『The Flesh And Blood Show』『House Of Whipcord』を収録。(Shriek Show)

『ザ・サヴェッジズ』The Savages (2007)
米国盤。お互い中年ながら未婚のままの兄妹が、父親のボケ問題に直面するトラジック・コメディ。主演はローラ・リニーとフィリップ・シーモア・ホフマン。リニーは本作でアカデミー主演女優賞にノミネートされた。監督・脚本はナターシャ・リオン主演の秀作『Fカップの憂うつ』を手がけたタマラ・ジェンキンズ。「野蛮人たち」って凄い題名だな、と思ったら主人公たちの名字がサヴェッジというらしい。(Fox)


●2008.4.29発売
redballoon_usdvd.jpg

『赤い風船』The Red Balloon: Criterion Collection (1966)
米国盤。アルベール・ラモリス監督の名作短編が、クライテリオンから高画質版でリリース。ある日、風船と仲良しになった少年の冒険を叙情的に綴る。同監督の『白い馬』も同時発売。(Criterion)

『Bernard And Doris』 (2007)
米国盤。13歳で巨万の富を相続した実在の女性ドリス・デュークと、ゲイの執事バーナードの交流をコミカルに描いた、ケーブルTV局HBO製作のドラマ。主演はスーザン・サランドンとレイフ・ファインズ。監督は俳優としても活躍する才人、ボブ・バラバン。(HBO)

『Killing Car』 (1993)
米国盤。フレンチ・ホラーの異才ジャン・ローラン監督が90年代に撮り上げた異色作。パリを舞台に、1台のアメ車を盗んだアジア系女性がガンガン人を殺しまくるという話らしい。(Salvation Films/Seduction Cinema/Redemption Films)

『The Beast In Space』 Unrated Version (1980)
米国盤。ワレリアン・ボロヴツィク監督の怪作『邪淫の館/獣人』で強烈な濡れ場を演じたシルパ・ランヌが、10年後に出演したイタリア製SFポルノ。監督は『アマゾネス対ドラゴン』のアル・ブラッドレイことアルフレード・ブレシア。「XXX Version」も同時発売。(Severin Films)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/261-0d78a083
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。