Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Father Brown』(1954)

『Father Brown』(1954)
米国公開題:The Detective

fatherbrown_us_vhs.jpg

 ミステリ・ファンにはおなじみのキャラクター、名探偵ブラウン神父をアレック・ギネスが演じた1954年作品。監督は『カインド・ハート』(1949)などでもギネスと組んだロバート・ヘイマー。

 イギリスの作家G・K・チェスタートンが生んだ「ブラウン神父」シリーズは、1934年にハリウッドでもウォルター・コノリー主演で映画化され、70年代にはケネス・モア主演のテレビドラマ版も作られた。ギネス=ヘイマーのコンビによる本作『Father Brown』は、シリーズ第1作の短編「青い十字架」などをもとに、ブラウン神父とのちに同業者となる怪盗フランボウとの出会い、そして彼を改心へと導こうとする神父と犯罪者のかけひきを、軽妙なタッチで品良く描いている。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
〈おはなし〉
 ブラウン神父(アレック・ギネス)は聖職のかたわら、探偵としても活躍している変わり者。警察の手が回る前に犯罪を未然に防ぎ、悪人を更生させることに情熱を傾けている人格者だ。彼はある時、パリへ向かう旅の途中で、変装の名人にして盗みの達人フランボウ(ピーター・フィンチ)と接触。宝石をちりばめた貴重な十字架をエサに捕らえようとするものの、裏の裏をかかれ、まんまと十字架を盗まれた上、逃げられてしまう。フランボウの才能の無駄遣いに心を痛めたブラウン神父は、教会の後援者であり友人のレディ・ウォレン(ジョーン・グリーンウッド)の協力で、再び彼をおびき出そうとするが……。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

Guinness_FatherBrown.jpg

 飄々としてチャーミングなブラウン神父のキャラクターが非常に魅力的。官憲の走狗ではなく、あくまで道を踏み外した者の魂を救うために犯罪を防ぐ、という設定が面白い。だから犯人が改心する前に警察に捕まりそうになると、何とか逃がそうと努力したり、犯罪現場に居合わせてしまって誤認逮捕されてしまうこともザラで、元犯罪者からの人望も厚い。教会の庭でいきなり暴漢に襲われたかと思いきや、実は護身術の練習だった、とかいうギャグも可笑しい。

 演じるアレック・ギネスは、さほど年寄りくさい役作りをせず、悪戯っぽい少年性を滲ませ、聖職者としてまだ完成されていない人間的な表情をキャラクターに与えた。それが親近感と共に深みをもたらしている。また、他のコメディ映画では犯罪者やアクの強いキャラクターを演じてきたギネスだからこそ、聖職者でありながら犯罪者に肩入れしてしまう危うさが、無意識のアクセントとして効いているのだ。

fatherbrown_03.jpg

 ロバート・ヘイマー監督は、セルマ・シュニーと共に脚色も担当。誰もが知る有名小説を原作にしながら、気負いなく、実にスマートな1本の物語としてまとめている。演出は『カインド・ハート』ほど澄みきった冷徹さこそないが、語り口の巧さは同作を凌ぐほど。わりとベタなギャグも挟み込んでくるが、品がいいので鼻につかない。ほどよい温かみも備えた、良質のエンターテインメントに仕上げている。

 『カインド・ハート』のヒロイン役でも強い印象を与えたジョーン・グリーンウッドが、美しく知的な未亡人役を魅力的に演じているのも見どころ。怪盗フランボウに扮するのは、『飛べ! フェニックス』(1965)の名優ピーター・フィンチ。個人的にはデニス・プライスに演じてほしかった。

 日本の劇場では未公開、ソフト化もされていない。アメリカでは『The Detective』の公開題でVHSがリリースされていたが、DVDは未発売のもよう。もったいない話だ。

・Amazon.co.jp
VHS 『The Detective (Father Brown)』(米国版ビデオ)
本『ブラウン神父の童心』G・K・チェスタートン


監督/ロバート・ヘイマー
原作/G・K・チェスタートン
脚本/ロバート・ヘイマー、セルマ・シュニー
撮影/ハリー・ワックスマン
音楽/ジョルジュ・オーリック
出演/アレック・ギネス、ジョーン・グリーンウッド、ピーター・フィンチ、セシル・パーカー、バーナード・リー
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/238-2b03cdc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。