Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ザ・シンプソンズ MOVIE』(2007)

『ザ・シンプソンズ MOVIE』
原題:The Simpsons Movie(2007)

simpsonsmovie_spiderpig.jpg

 素晴らしかった! 長年の『ザ・シンプソンズ』ファンならきっと満足する出来。息もつかせぬギャグの波状攻撃はそのままに、おなじみのキャラクターたちの見せ場もふんだんに盛り込んで、まったく飽きさせない。まずあのタイトルがシネマスコープの大画面に映し出されるだけでも、ちょっと感動する。クリータスの出番がちょっと多いのが意外だった(笑)。

 物語のスケールは大きくなっているけど、印象的にはテレビシリーズの最良のエピソードを大画面で見ているような、いつもより「うっすらよくなってる感じ」にしてあるのが心地好かった。その気負いのなさが、いかにも『ザ・シンプソンズ』らしい。まあ、企画から10年もの歳月が費やされているからこそ、そんなスタンスにも至れたんだろうけど。

 とはいえ、レイアウトもカメラワークも作画も、劇場版ならではのデラックス仕様で、1カットごとに面白かった。何せアメリカではもはや最後といっていい2D劇場アニメになってしまったのだから、気合いが違う。『ミュータント・ニンジャ・タートルズ』の最新劇場版『TMNT』も3DCGで作られてしまったし、ディズニー久々のフルアニメ映画かと期待した『魔法にかけられて』も、途中から実写になる変わり球だった。そんな風潮のなか、『ザ・シンプソンズ MOVIE』は2Dアニメのよさをみっちり詰め込んだ作品として作られている。やっぱり作画はいいなあ、と思わせるような。もちろんデジタル技術もかなり大幅に導入されているが、主には複雑なカメラワークの場面などで、2D作画との融合を前提として使われている。あくまでも主役は2Dのキャラクターなのだ。中にはトゥーンシェーダーで作ったメカをそのまま出してるような無頓着なシーンもあるけど(笑)、力を抜くところは抜いて、こだわりすぎないところも『ザ・シンプソンズ』らしかった。

simpsonsmovie_skateboard.jpg

 作画で特に印象的だったのは、冬の山中でホーマーが吹雪のなかをさまよう場面。ここはキャラがギャグをやるわけでもなく、ただホーマーがヨレヨレになって歩いているだけで観客を爆笑させてしまうという素晴らしいシーンで、ちょっと感動した。前半の「おじいちゃん教会で大狂乱」「バート全裸でスケボー」シーンもしつこくて楽しい。レイアウトもスコープサイズを活かした決め画が多く、映画を観ているなあという気分になる。特にクライマックスのアクション。映画のパロディばかりやってるからか、絵ごころがちゃんとあるスタッフが多いのだ。

 それにしても、アメリカでこれほど期待の大きかったアニメの映画化作品もないだろう。それだけに、参加した脚本家の数はハンパじゃない。ジョン・シュワルツウェルダーを始め、シリーズを支えてきたライター陣が軒並み名を連ねている。中でも、個人的に好きなデイヴィッド・マーキン(第5・6シーズンのプロデューサーとして活躍)の参加が嬉しかった。劇中のギャグは百発百中とまでは言わないまでも、かなり水準の高いものが凄いペースで繰り出されるので圧巻。腕利きスナイパーの連続射撃をくらっているような快感がある。それでいて清々しく感動させてもくれるし(まさかフランダースの台詞で泣くとは思わなかった)。DVDが出たら、ぜひスタッフコメンタリーつきで再見したい。誰がどのパートを書いたか気になる。

 ゲスト声優として有名スターがほとんど参加していないのにも驚かされる(グ○ーンデイとト○・ハン○スぐらいだ)。超人気タイトルの鳴り物入りの映画化なのに、あくまでベテラン声優陣の妙演をフィーチャーすることに重点をおいている。そこには、長年シリーズのレギュラーを務めてきた声優たちへの信頼とリスペクトがある。日本の配給会社みたいに知名度だけでタレントを起用して、レギュラーキャストを切り捨てるなんて真似はしないのだ。

simpsonsmovie_alaska.jpg

 何はともあれ、とても素敵な映画化だと思う。お祭り気分で、ぜひデカイ劇場で観てほしい。まずは原語で!

・Amazon.co.jp
DVD『ザ・シンプソンズ MOVIE』
DVD『ザ・シンプソンズ』DVD-BOX , etc.
CD『The Simpsons Movie : The Music』(輸入盤)


製作総指揮/ジェームズ・L・ブルックス、マット・グレーニング、アル・ジーン
監督/デイヴィッド・シルヴァーマン
原作/マット・グレーニング
脚本/ジェームズ・L・ブルックス、マット・グレーニング、アル・ジーン、イアン・マクストーン=グレアム、ジョージ・マイヤー、デイヴィッド・マーキン、マイク・リース、マイク・スカリー、マット・セルマン、ジョン・シュワルツウェルダー、ジョン・ヴィッティ
コンサルタント・ライター/ジョエル・コーヘン、ジョン・フリンク、ティム・ロング、マイケル・プリンス
音楽/ハンス・ジマー
声の出演/ダン・カステラネタ、ジュリー・カヴナー、ナンシー・カートライト、ヤードリー・スミス、ハリー・シェアラー、ハンク・アザリア、パメラ・ヘイデン、A・ブルックス
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/208-11660c15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。