Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『恋の潜伏捜査』(2005)

『恋の潜伏捜査』
原題:潜伏勤務(2005)

shesonduty_poster01.jpg

〈おはなし〉
 元ヤンキーの女刑事ジェイン(キム・ソナ)は、行方をくらました暴力団幹部(キム・ガプス)の所在を突き止めるべく、彼の娘スンヒ(ナム・サンミ)が通う高校へ偽装潜入することに。大嫌いな学校に再び舞い戻る羽目になった彼女は、あの手この手でスンヒと仲良くなろうとするが、無視されるばかり。一方で学園内を牛耳る番格グループをシメたり、謎めいたイケメン転校生ノヨン(コン・ユ)と急接近したり……。そんな中、ヤクザたちの魔手がスンヒを血みどろの修羅場に巻き込もうとしていた。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 韓国のTVドラマ『私の名前はキム・サムスン』でブレイクした人気コメディ女優、キム・ソナ主演の学園アクション・コメディ。話はまるっきり『ファイトバック・トゥ・スクール』シリーズで、まあ元をたどれば『21ジャンプ・ストリート』。実に他愛ない凡作だけど、「画面上でどこまで己のブサイク面を晒せるか」という強い信念に貫かれたキム・ソナの女優魂は堪能できる。ポスターのかっこよさに惹かれて観た人はまず落胆すると思うけど、彼女のファンならそこそこ楽しめるかも。2004年に東京国際映画祭で上映された主演作『Sダイアリー』(2004)も、どってことない恋愛コメディだったが、あれよりさらにどってことない。

▼本編のキム・ソナ(右)。大体ずっとこんな感じ
shesonduty_pict01.jpg

 相手役を演じるのは『Sダイアリー』でもキム・ソナと共演したコン・ユ。こういう役、多いなぁ。最後まで正体が分からないっていうのは面白かった。流暢な日本語を披露する場面もあるが、どうせなら日本語ペラペラのキム・ソナにも喋ってほしかった。

 パク・チャヌク監督の復讐三部作で強烈な印象を残したオ・グァンノクが、ちょっとヘンなヤクザの親分を怪演。終盤で『KT』(2002)のキム・ガプスと壮絶なファイトを繰り広げたりする。教師役パク・サンミョンの名脇役ぶりには安心感すら漂う。

▼オ・グァンノク(中央)
shesonduty_pict03.jpg

 英語字幕付きの中国版DVDを買って観たら、あと2カ月後に日本でもリリースされると知って内心ガックリ。まあポスタービジュアルで気になっていた人も多いと思うので、この機会に(決して期待せずに)ご笑覧ください。


監督/パク・クァンチュン
脚本/チョン・ヨンギ
撮影監督/パク・ヒョンチョル
出演/キム・ソナ、コン・ユ、ナム・サンミ、ノジュヒョン、パク・サンミョン、キム・ガプス、オ・グァンノク

・Amazon.co.jp
『恋の潜伏捜査』DVD

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/160-e25a5860
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。