Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『PULP』北米盤DVDレビュー

pulp_ntsc.jpg

 4月にやっと北米でもDVDがリリースされた、マイク・ホッジス監督の傑作『PULP(テレビ放映題:悪の紳士録)』。DVD Fantasiumで注文する前に、新宿のディスクユニオンで売っていたので、その場で購入しました。

 ランニングタイムは98分。先行して発売されていた欧州盤は92分でしたが、本編自体に差異はありません。分数が異なるのは、ヨーロッパのテレビ規格であるPAL方式でテレシネした場合、若干早回し収録になるため。

 スクリーンサイズはスタンダード(1:1.33)になるという情報がありましたが、実際はヴィスタ(1:1.78)でした。欧州盤より画郭は広いです。色調・質感は渋めの落ち着いたトーンで、いたってクリアー。PALの方が明るく発色も鮮やかですが、これは好みの問題かも。音質に関しては、デジタルっぽいノイズ混じりだった欧州盤より、やや安定してます。初めてNTSCで観て、また改めてPAL盤と比較してみると、印象もかなり違いました。

 映像特典はなし。結局、内容的には欧州盤と変わりません。でも格段に入手しやすくなったのは喜ぶべきこと。気楽に手にとって観てくれる人が増えれば嬉しいです。

 それにしてもジャケット裏面に、本来のヒロインであるナディア・カッシーニじゃなくて、チョイ役の女優(ジャネット・アグレン?)の写真がドーンと載っているのは、ちょっと……。まあスチルがないんでしょうけど。

▼『PULP』のヒロイン、ナディア・カッシーニ
pulp_nadia_cassini.jpg

 細かい話はさておき、久々に観たらやっぱり最高の映画でした、『PULP』は。ラストは何度観ても、かっこよすぎて泣きます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/157-aaec1804
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

チェコの情報ページ

東欧の美しい国チェコの情報を集めてみました。お役に立てれば幸いです。

  • 2007/05/22(火) 01:35:32 |
  • チェコの情報ページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。