Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『新世界』(2006)

『新世界』
原題:Nuovomondo(2006)

Nuovomondo_poster.jpg

 イタリア映画祭2007出品作品。これは秀作。初日に観た3本の中でいちばん面白かった。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

〈おはなし〉
 20世紀初頭。シチリアの僻村に暮らすサルヴァトーレ・マンクーゾ(ヴィンチェンツォ・アマート)の一家は、新天地アメリカへと移住することに。ふたりの息子と老母を連れ、移民たちでごった返す大西洋横断船に乗り込む。その中には、出国手続きの時になぜか接近してきた英国人令嬢ルーシー(シャルロット・ゲンズブール)の姿もあった。不釣合いな同乗者に目を引かれながら、過酷な船旅は続く。ミルクの川が流れ、巨大な野菜が育つという新世界に向けて。

 やがて船はニューヨークのエリス島沖に到着。そのとき、サルヴァトーレはルーシーから思いがけない申し出を受ける……。だが、自由の国の入口では、さらなる試練が移民たちを待ち受けていた。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 もしも狭苦しく不衛生な移民船に、シャルロット・ゲンズブールが乗っていたら? ……この映画は別にシチュエーション・コメディではない。見事なセットと膨大なエキストラを使って、移民たちの苦難の旅路をじっくり見つめた近代史だ。しかし、そのワンアイディアは大きい。単に移民の歴史をゴリゴリのリアリズムで描くより、浮世離れした彼女の存在を加えることで、遥かに魅力的な映画になったことは間違いない。

nuovomondo_01.jpg

 監督・脚本はこれが3作目となるエマヌエーレ・クリアレーゼ。リアリティとファンタジーの配分がとにかく巧い。まず前者においては、綿密な考証に基づいたであろう克明な描写の数々。特に、当時の入国管理の厳しさ・移民への差別的待遇をつぶさに描いた後半部分は、事実ならではのシュールな滑稽さに満ちていて面白い。移民局のセットも見事だ。もちろん前半の移民船のシークエンスにも相当に力が入っており、息苦しい空気感を伝える映像は圧巻。撮影、照明、美術、衣装、そして出演者たちの疲れきった表情が、見事なアンサンブルを作り出している。

 そしてファンタジーの面では、前掲したシャルロット・ゲンズブールの超然とした美しさがまずあり、加えてすっとぼけたユーモア、すっ飛んだ飛躍が意表をつくかたちで織り交ぜられる。これがシチリア気質というやつか? 入国審査で人をバカにしたような知性テストを受けさせられ、主人公が巧まずして知慧で返す辺り、とてもうまい。基調がリアルな分、唐突に挟まる突飛な空想シーンが効く。何より素晴らしいのはラスト(正確に言うと、ラスト一歩手前)。こういう驚かせ方って、凄く好きだ。

 主人公サルヴァトーレを演じたヴィンチェンツォ・アマート(本業は彫刻家)の朴訥とした侘まいも魅力的だが、キャストの中で最も素晴らしいのは、母親役のアウローラ・クァトロッキ。誇り高く扱いにくい老女を迫力たっぷりに演じ、C・ゲンズブールとの掛け合い(いがみ合い?)、移民局員にたてつく場面は本作でも最も楽しいシーンだ。また、『アマデウス』(1984)などに出ている名バイプレイヤーのヴィンセント・スキァヴェリもちらりと顔を出す。

nuovomondo_02.jpg

 導入部はやや退屈だが、一家が船に乗り込むと俄然面白くなる。音楽の使い方も独特で、エンディングの選曲は「それでいいのか!?」と面食らいつつ、胸打たれてしまった。


製作・監督・脚本/エマヌエーレ・クリアレーゼ
撮影監督/アニエス・ゴダール
美術/カルロス・コンティ
衣装/マリアーノ・トゥファーノ
編集/マリリン・モンチュー
音楽/アントニオ・カストリニャノ
出演/シャルロット・ゲンズブール、ヴィンチェンツォ・アマート、アウローラ・クァトロッキ、フランチェスコ・カシーサ、フィリッポ・プチッロ、フェデリカ・デ・コーラ、イザベッラ・ラゴネーゼ
スポンサーサイト

コメント

観ました

石の微笑の記事にコメントさせていただいた、ひゅーのすけです。
グランバダさんもやはりイタリア映画祭に行かれたんですね。
私はイケメン狙いでの参加でした。
でも、以外にイタリア映画はまりそうです。
グランバダさんはさすが作品レビューが素晴らしい。記事を読んで「新世界」の復習できました。
ぜひ、トラックバックさせていただきたかったのですが出来ないようで残念です。

  • 2007/05/03(木) 00:07:12 |
  • URL |
  • ひゅーのすけ #-
  • [ 編集]

ひゅーのすけさんも映画祭いらしてたんですね。やっぱりキム=ロッシ・スチュアートのイケメン度は相当高かったですよね。ぼくも『気ままに生きて』観ましたけど、とてもいい映画だと思います。質疑応答が盛り上がらなくてキム様は不満そうでしたが(笑)。他に今回観た中では『星なき夜に』が断トツで、『カイマーノ』『新世界』が後に続く感じです。

やー、ぼくの書き散らしてるのはただの感想文で、他にちゃんと書ける人はゴマンといると思います(汗)……でも読んでもらえて嬉しいです。トラックバックについては、スパム対策のデフォルト設定がしてあったので、一回外してみました。

  • 2007/05/04(金) 23:49:11 |
  • URL |
  • グランバダ #h1buydM2
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/152-0ffe1ed4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。