Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホワイト・ライズ』(2004)

『ホワイト・ライズ』
原題:Wicker Park(2004)

WickerPark-UKposter.jpg

 俊英(だと思う)ポール・マクギガン監督がジョシュ・ハートネットと最初に組んだ作品。期待していた『ラッキーナンバー7』(2006)が今ひとつ冴えなかったので、未見だった本作をDVDで観てみたら、こっちの方が監督のスタイルが巧く活かされた秀作だった。

 本作はヴァンサン・カッセルとモニカ・ベルッチが共演したフランス映画『アパートメント』(1996/ジル・ミモーニ監督)のリメイク。ヒッチコック風味のサスペンス劇をきびきびした演出で描いた、これも拾い物だった。マクギガン監督は、お得意の凝った映像技巧やスタイリッシュな美術デザインによって意匠に満ちたビジュアルを作り上げながら、青春映画としての側面を強調して再生させている。キャストの印象も若々しくなり、とりわけキーパーソンであるアレックス(オリジナル版ではアリス)が同情すべき愛らしいキャラクターとして描かれているのが、変更点として大きい。

 『アパートメント』でロマーヌ・ボーランジェが鬼気を孕んで演じた役を、本作ではオーストラリア出身の若手女優ローズ・バーンが好演。伏線となるシーンに顔を出していても気付かれないほど、地味に化けられる彼女の存在が物語に説得力を与えている。ロマーヌは面が割れすぎていて、トリックを成立させるのに苦しい(?)。それに、『ルームメイト』(1992)にも通じる美しい同性への憧憬は、バーンの方が切なく演じていたように思う。『マリー・アントワネット』(2006)でポリニャック伯爵夫人を演じていたのも彼女だったが、さすがに幼すぎる印象だった。

wickerpark_rose.jpg

 ジョシュ・ハートネットは、繊細で騙されやすい青年役がいかにも似合っている。監督と主演男優が意気投合している様子はすでに画面から窺えた。そして今や国際女優となったダイアン・クルーガーは、「一目惚れ必至の女」という重要なイメージをしっかり演じきっている。味のないブロンド美女に見られがちだが、実はちゃんと人間味を出せるのが貴重。あまり登場しないが、主人公の美しい婚約者を演じるジェシカ・パレも魅力的だ。ドゥニ・アルカン監督の佳作『しあわせの選択』(2000)に主演していたが、以降あまり大成しないのが残念。

 語り口は幻惑的だが、スリラー要素は控え目。監督はあくまで役者の表情に注視して、丹念にドラマを掘り下げていく。どちらかといえばビジュアル派に分類される監督だと思うが、ライティングはおしなべてフラットなのが特徴的だ。基本ルックはローコントラストで、俳優を濃密な影の中に置くことはあまりない。やはりセットと役者はとことん見せたいというこだわりがあるのか。

 言語に頓着しない日本人観客にはリメイク不要と思える『アパートメント』だが、『ホワイト・ライズ』はそれでも一見の価値はある作品だと言える。ブランドン・ボイスの脚色が優れているのは、よくできたプロットを丹念に再構築しながら、最後にまったく別の物語を浮かび上がらせた点だ。「愛し合っていながら離れ離れにされた男女が、長い年月を経て再びめぐり逢う」というおとぎ話めいたラブストーリーが、ミステリーの裏から不意に姿を現すのだ。その要素はすでにオリジナル版にも内包されている(トリックを暴く一手が靴のサイズというのはもちろん「シンデレラ」である)。その辺りの妙味を巧く掬ってみせたのが、本作が独立した映画として成功した一因だろう。

 ラストシーンは『アパートメント』の方が全ての伏線を残酷に着地させて見事だが、リメイク版のエンディングも単なるハリウッド的改変とは一線を画すものとなっている。そのロマンティシズムもまた、マクギガン監督らしい。

 ただ、幻惑的な映像テクニックに凝りすぎるせいか、映画の主観設定が見失われるという欠点はある。中盤のとあるターニングポイントで、主人公以外の登場人物の回想が入り込み始めると、唐突な違和感を覚えてしまう。この監督の映画はいつもそうかもしれない。

wickerpark_rosediane.jpg


監督/ポール・マクギガン
原作/ジル・ミモーニ(映画『アパートメント』オリジナル脚本より)
脚本/ブランドン・ボイス
撮影/ピーター・ソーヴァ
音楽/クリフ・マルティネス
出演/ジョシュ・ハートネット、ローズ・バーン、ダイアン・クルーガー、マシュー・リラード、ジェシカ・パレ

・Amazon.co.jp
『ホワイト・ライズ』DVD
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/124-a7652df6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。