Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『どろろ』(2007)

『どろろ』(2007)

 俳優・妻夫木聡は悩んでいた。かの傑作マンガの映画化『どろろ』の主役に抜擢されたはいいものの、CGでは観客を納得させうる百鬼丸のアクションが作れない。考えあぐねた末、彼はひとつの決断を下す。本当に両腕を切り落としてしまおう! あとでまたくっつければいいのだ。そんな神業を可能にするのは、この世でただ一人……天才外科医、ブラック・ジャック!

 ……という併映短編をなぜ手塚眞監督で作らないのかと酒の席で知人と話していたのだけど、実際の本編も冗談みたいな代物だった。本当、情けなくて涙が出てきた。

 大小さまざまな問題はあるが、いちばん酷いのは『どろろ』でこれが描きたい! という熱情がまるっぽ欠けていることだ(まあ、あったとしても的外れ)。逆に言うと、テレビ局主導のあれもできないこれもできない制約だらけの制作条件でも、原作にさしたる思い入れもないスタッフだからこそ、何らこだわりなく作れたのだろう。もし『どろろ』映像化のモチベーションを強く持つ者なら、条件を知った時点で降りているはずだ。

 だが映画は作られてしまった。

 まず驚くのは舞台が日本じゃなかったこと。そういうのは独自の世界観を映像化できる人しかやっちゃいけないことであって、『スター・ウォーズ』の出来損ないみたいなセットをいけしゃあしゃあと見せて「異世界でござい」もないもんである。同様に、原作ファンを間違いなく激怒に至らせるのは、百鬼丸の体を作るシーン。バカバカしさを狙ったにしても、あまりに想像力に欠けているし、ギャグとしてもお寒い限り。時代劇なのに透明チューブや水槽を平気で使うなんざ、ただの手抜きだ(どうせ別世界だからとかなんとか言い訳するつもりなんだろう)。

 そして殺人的にセンスのないCG。クリーチャーの造形は言うに及ばず、動きのタイミングからフレーム内でのアクション設計から、何から何までダサい。スピードでごまかしている感が強いのは、現場で実写撮影班と連携できていない証拠だ。「CG妖怪が画面手前に向かって逃げてくる」っていう百年前のセンスを何度も繰り返すのも耐え難い。飛び抜けておかしいのは、蛾のバケモノ(土屋アンナ)が本性を現すくだりだろう。食われた子どもの霊が発光して妖怪にしがみつき、逃げるのを阻止するという画のアホくささはちょっと凄まじい。

 脚本も演出も、形ばかりのメッセージ性を押しつけながら、乱世で弱者が生きることの苛烈さも、アウトサイダーの哀しみも映像としてまるで描こうとしない。ただ台詞で説明するのみ。『どろろ』のような原作を、役者を使って肉体化するということは、そういうハードな部分にもきちんと迫るべきじゃないのか。実写だからこそできることを、作り手はむざむざ放棄してしまっている。ひいては、百鬼丸と妖怪のバトルをかっこよく撮ってやろうという気概さえもないのだ。「アクション演出はチン・シウトンの領域だったから口出しできなかった」という言い分もあろう。確かにそこだけ香港映画になっている。日本のマンガを自由な解釈で強引に映画化した時の香港映画そっくりだ。でもこれ日本映画なんだけど……。

 最後なんて、やっと父子の凄絶な闘いが繰り広げられるのかと思えば、野っ原にみんな集まって家族会議みたいになっちゃうし。しかもまず話し合いで何とかしようとするという、篠田正浩の『梟の城』みたいな腑抜けたクライマックス。そんな家庭事情とは関係ない部外者のどろろでさえ、虐げられた者の怒りはどこへやら、他人んちの心配するだけ。村滅ぼされてんだろ、お前。

 そんな散々な映画だが、瑛太くんの「父さんオレだよ!」ってセリフで爆笑しそうになったので、そこだけはオススメ。絶対その後「アオヌマシズマだよ!」って続くんだと思った。


製作/平野隆
監督/塩田明彦
原作/手塚治虫
脚本/NAKA雅MURA、塩田明彦
撮影/柴主高秀
アクション監督/チン・シウトン
アクション指導/下村勇二
美術/丸尾知行
VFXディレクター/鹿住朗生
VFXプロデューサー/浅野秀二
音楽/福岡ユタカ、安川午郎
出演/妻夫木聡、柴咲コウ、中村嘉葎雄、中井貴一、原田美枝子、瑛太、麻生久美子、土屋アンナ、杉本哲太、劇団ひとり、原田芳雄

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/123-bc570626
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。