Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『10番街の殺人』(1971)

『10番街の殺人』
原題:10 Rillington Place(1971)

10rillington_poster.jpg

 リリントンプレイス10番地! 少女マンガに出てきそうなメルヘンチックな地名だが、実際はロンドンの煤けた下町で、とある変態殺人鬼が8人あまりの女性を葬った場所(赤ん坊も含む)。これはその事件の映画化で、監督はハリウッドの職人演出家リチャード・フライシャー。あらゆるタイプの娯楽映画を手がけた才人だが、本作や『絞殺魔』(1968)などの実録サイコスリラーでは特に優れた手腕を発揮している。

 元警官でアパート管理人のジョン・クリスティは、頭痛などに悩む女性たちに医師を装って声をかけ、ガスを吸わせて眠らせた後、絞殺。死体は弄んだ後、裏庭に埋めた。ある時、クリスティ氏は上階に間借りしていた若夫婦が、妊娠問題でモメているのに目をつける。彼は夫妻に堕胎を持ちかけ、手術と称して妻ベリルを殺害。帰宅した夫ティムが妻の死を知り動転していると、「このままだと君の罪になるから身を隠せ」と諭し、彼を追い出す。その隙に、彼らの幼い娘も殺害。しばらく後にティムは逃走先で自首するが、状況証拠とクリスティの証言から、妻子殺しの犯人にされてしまう。無学で虚言癖のあったティムの反論は却下され、あっさり絞首刑に。その後、クリスティ氏は自分の妻も殺し、さらに数人を手にかけた。が、ひょんなことから自宅に隠していた死体が見つかり、逮捕。ティムの無実が証明されたのは死刑執行から12年後の事だった。

 迫真の演技でクリスティ氏に扮したのは、大作監督としても知られる名優リチャード・アッテンボロー。顔も体も丸くて人なつっこそうなイメージだが、一見穏やかに見えてどこか気味の悪い男を、本当に気味悪く演じていて出色。さすがは性格俳優の宝庫イギリスといった感じ。自身もこうした心理犯罪領域には造詣が深いのか、出演作『雨の午後の降霊祭』(1964)では製作も手がけたり、サイコスリラーの名品『マジック』(1977)を監督したりしている。

 そして若き日のジョン・ハートが、まんまと身代わりにされてしまう不幸な青年ティム役を好演。学がないためいい職に就けず、でも口からデマカセばかり言って大物ぶってしまう、ダメ男の滑稽さが絶妙。前半の軽佻浮薄ぶりにも舌を巻くが、為す術なく処刑されていく後半のボー然とした表情も素晴らしい。特に、取調室での魂が抜けきった姿は、ちょっと人間業とは思えない演技だ(本当に死体のように動かない!)。

10rillington_two.jpg

 アッテンボローとハートという2人の芸達者を見ているだけでも本作は楽しいが、いかんせん地味なせいか、『いつも心に太陽を』(1966)の人気女優ジュディ・ギースンが魅力的な若妻ベリルを演じている。可愛い若奥様という感じと共に、なかなかリアルに世帯疲れを滲ませていて印象的。

 フライシャー監督は実際の犯行現場にロケし、殺人者と被害者の肖像をひたすら淡々と映していく。『絞殺魔』のように、めくるめく映像テクニックを駆使して犯人の心理に迫ったりもしない。ボストン絞殺魔のデサルヴォ容疑者とは異なり、ある意味、本作のクリスティ氏は「正気で」殺人を繰り返していたからでもあるだろう。とにかく、ただそこで起きたことを率直に伝えていくだけ、というストイックな態度を貫いている。余計な事は一切しない。かすかにブラックユーモア的な感覚が漂うが、それは現実の事件そのものの残酷なおかしみでもある。不運な男があれよあれよと死刑台へと送られるくだりは、特に秀逸。熟練の演出力に裏打ちされた、とてつもなく簡潔で濃密な傑作だ。

 枯れたと言えばあまりに枯れた作風だが、フライシャーは優雅に枯れている。それが極まったのが本作であり、『スパイクス・ギャング』(1974)であろう。モノクロームに限りなく近い色調は、ブリティッシュ・カラーノワールとでも呼びたい渋さ。監督本人はブルックリンの生まれだが、イギリスの陰湿な空気感をパーフェクトに捉えており、息苦しさ満点の世界が見事に視覚化されている。


製作/レスリー・リンダー、マーティン・ランソホフ
監督/リチャード・フライシャー
原作/ルドヴィック・ケネディ
脚本/クライヴ・エクストン
撮影/デニス・N・クープ
出演/リチャード・アッテンボロー、ジョン・ハート、ジュディ・ギースン

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/121-5b1f98b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。