Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『インサイド・マン』(2006)

inside_man.jpg

『インサイド・マン』(2006)

 みゆき座(元スカラ座2)で観ました。楽しかったです。
 クライヴ・オーウェンはやっぱり無感情な役を演じると光ります。デンゼル・ワシントンは余裕ありすぎ。唯一緊張感に溢れていたのはスパイク・リー作品おなじみの例のアレ(役者ごとドリー移動ショット)の時だけ? つか、今回速すぎだ、スパイク。デンゼルが機関車やえもんになっちゃうかと思ったよ。知らない人は何が起こったのかと思うでしょうね。ジョディ・フォスターは儲け役でした。
(以下ネタバレ注意)


TheInsideMan.jpg


 「罪のない犯罪映画」というか、ここまで血なまぐさくないハリウッド製のサスペンス大作も珍しく、警官がバンバン死ぬような映画なんかよりもよっぽど痛快。でも全然ヌルイ気はしない。
 脚本も確かによくできていて、トリック的には目新しさはない気はしますが、つまりは語り口の問題。いわゆるユーモアミステリ的な発想で、ソリッドな犯罪アクションとして物語を進めるというのが非常にかっこよろしい。「あんただけ特別扱いはしないぜ、ラビさんよ」……こんな台詞がとても楽しく思い出されます。
 テレンス・ブランチャードの音楽もよかったです。『25時』以来、あの「バオー」っていうホーンセクションがたまらなく好き。

 パンフレットに「オーウェン・ファンは『ルール・オブ・デス』必見!」って書いてありました。その通りなんで、よろしくお願いします。

--------------------------
製作/ブライアン・グレイザー
監督/スパイク・リー
製作総指揮/ダニエル・M・ローゼンバーグ、ジョン・キリク、カレン・ケーラ・シャーウッド、キム・ロス
脚本/ラッセル・ジェウィルス
撮影/マシュー・リバティーク
編集/バリー・アレクサンダー・ブラウン
音楽/テレンス・ブランチャード
出演/デンゼル・ワシントン、クライヴ・オーウェン、ジョディ・フォスター、クリストファー・プラマー、ウィレム・デフォー、キウェテル・イジョフォー

▼日本版DVDは、いまどき特典ゼロ! ひどすぎる!
・Amazon.co.jp
『インサイド・マン』DVD
オリジナル・サウンドトラックCD「インサイド・マン」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/12-795d43a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。