Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『強制尋問』(2004)

『強制尋問』
原題:Strip Search(2004)

stripsearch_china.jpg

 社会派シドニー・ルメット監督の『グロリア』(1999)以来となる長編作品。アメリカのケーブルテレビ局HBOで制作・放映され、日本でもCSとBSでオンエアされた。前作『グロリア』の出来がアレだったので、もはや死んだものと思っていたが(失礼)、直球タイトルを持つ本作では久々に野心的な演出に取り組んでいる。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
〈おはなし〉
 北京。一人のアメリカ人女子大生(マギー・ギレンホール)が、友人たちと食事中に突然、逮捕されてしまう。連れてこられたのは蒸し暑い取調室。嫌疑の内容も分からず、弁護士も呼ばれないまま、当局の男(ケン・レオン)による執拗な尋問が始まった。

 ニューヨーク。一人のアラブ系青年(ブルーノ・ラストラ)が、通学途中に友人たちの目の前でいきなり逮捕される。ビルの一室に拘留された彼は、女性取調官(グレン・クロース)の執拗な尋問に晒されることに。

 アイオワ。高校生のジェリー(トム・ギリー)は、姉が中国で逮捕されたことを知り、愕然とする。ジェリーは手を尽して姉の現況を知ろうとするが、どこへ問い合わせても埒が明かない。「君の姉さんは今やチェス世界戦の駒のひとつだ。国が得策だと判断しないかぎり、彼女は助けられない」……

 憔悴しきった被疑者に、取調官は「服を脱げ」と言い放つ。ストリップサーチだ、と。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 9.11以降、米国内でテロの容疑者として拘留された人間は700人強。そのうち70%以上が問答無用で国外退去に処せられ、中には4人のアメリカ国民もいた。その事実を踏まえ、本作では2つの国で逮捕された2人の若者が、非人道的な尋問を受ける姿を、カットバックで冷徹に映していく。「正反対に見える両国も、やっていることは変わらない」ということを、ルメットと製作・脚本のトム・フォンタナはこれ以上なくシンプルなやり方で映し出す。「世界の安全を守る」という言葉のもとに、人間の自由と尊厳を破壊するマニュアル作業が平然と行われる様子を、アメリカ人にも容易に感情移入しやすく描いてみせる挑発的な作品だ。

 2つの場所で展開するやりとりは、一言一句まったく同じ台詞で進んでいく。ただ男女の演じるパートと、セットが違うだけ。一見、演劇的な要素が強い趣向だが、それらを差異化していくのは、役者の芝居付けも含めたルメットの映像演出である。さすがに『十二人の怒れる男』『エクウス』『デストラップ ―死の罠―』など舞台劇の映像化を得意としただけあって、限定的な設定下での演出はお手の物だ。見事なカメラワークと編集で見せきってしまう。

stripsearch_america.jpg

 台詞が一言一句違わないということは、やっていくうちにどうしても無理が生じてくる。だがそれも俳優陣の力演でカバーしており、逆にトリッキーな妙味としている部分もある(たとえば「どうして彼女と別れた? 愛していたのに」という台詞も、それぞれ男性と女性相手に繰り返されるわけだ)。取り調べる側を演じた2人の芸達者……グレン・クロースとケン・レオンの怪演が圧倒的だ。特に、ケン・レオンは細かい動作にも意識の行き届いた奇怪な芝居で目を奪う。最近では『イカとクジラ』(2005)に校内カウンセラーの役で出ていたが、何か異様な緊張感を与える人だ。

 対して、理不尽な屈辱を受ける若者たちの憔悴ぶりもリアリティ充分。題名通り、全裸での検査シーンもちゃんとある。マギー・ギレンホールはビニール手袋で裸体をまさぐられ、ブルーノ・ラストラはグレン・クロースの好色な視線になめ回される。両者とも、この役を引き受けた時の覚悟はいかばかりのものだったか。日本放映版にはしっかりボカシが入れられ、そんな彼らの勇気もぼやけてしまった。

 本国アメリカではかなり厳しく検閲され、120分あったファーストカットが55分に短縮されたとか(日本放映版は90分)。試みとしてはさほど目新しくはないものの、商業ベースの作品としてはかなり挑戦的なフィルムに仕上がっている。あくまで小品だが、いかにもルメットらしい、ストラクチャーで見せていく硬質の社会派作品を久々に見せてもらった気がした。


製作/バリー・レヴィンソン、トム・フォンタナ
監督/シドニー・ルメット
脚本/トム・フォンタナ
撮影/ロン・フォーチュナート
出演/マギー・ギレンホール、ケン・レオン、グレン・クロース、ブルーノ・ラストラ、トム・ギリー、オースティン・ペンドルトン

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/115-36acb723
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。