Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『新SOS大東京探検隊』(2006)

『新SOS大東京探検隊』(2006)

sosdaitokyo.jpg

 大友克洋の短編コミック「SOS大東京探検隊」をもとにした、40分の3DCGアニメ。今年の東京国際映画祭で観たが、これが結構、面白い。ひょっとしたら、大友漫画のテイストをいちばんスマートな形でエンターテインメントに落とし込んだ快作アニメなのでは、と思ったほどだった。

 新鮮なCGアニメ表現に驚かされたことも大きい。かなり2D寄りの、作画アニメの面白さを受け継いだ映像設計がされているため、非常に見やすいし作品内容にもスッと入り込める。キャラクターはいわゆるアニメ絵のデザインそのままにモデリングされており、動きもソフト計算やモーションキャプチャに頼ったものではなく、手付けで動き/タイミングをつけているので、作画的メリハリが利いている。実際、遠景のモブなど、部分的には作画で描かれているところもあり、制作姿勢がフレキシブルだ。

 もちろん、レイアウトやカッティングなど、演出自体のうまさもある。監督を務めたのは『BLOOD THE LAST VAMPIRE』『スチームボーイ』の演出などを手がけた高木真司。アニメ制作現場へのデジタル技術導入に務めてきた監督による、ひとつの結論のような作品と言える。映像的なこだわりと、エンターテインメントとして成立させる気概がイコールになっているところに好感が持てた。

 制作はサンライズ・エモーションスタジオ。元々は『スチームボーイ』の制作スタジオで、カップヌードルのCMコラボ企画『FREEDOM』と並行して制作が進められていた。『FREEDOM』OVA第1話もかなり見応えのある出来だったが、こちらも負けていない。DVDでのリリースが予定されているそうだが、劇場の大画面で観ても遜色ないクオリティだった。特に、スクリーン映写だとCGっぽい質感が若干甘くなるから、なおさら劇場向きなのではないかという気がした。


監督/高木真司
原作/大友克洋
脚本/村井さだゆき
キャラクターデザイン、アニメーションディレクター/小原秀一
CGI監督/小久保将志
美術監督/谷口淳一
音響監督/百瀬慶一
音楽/池瀬広
声の出演/小林沙苗、矢島晶子、相田さやか、梅田貴公美、浅川悠、塩谷浩三、島田敏

・Amazon.co.jp
『新SOS大東京探検隊』DVD
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/104-094c39d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。