Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ヘンリー・プールはここにいる ?壁の神様?』(2008)

『ヘンリー・プールはここにいる ?壁の神様?』
原題:Henry Poole is Here(2008)

henrypoole_usdvd.jpg

 マーク・ペリントンという監督は、どうしていつも扱いに困るような映画ばかり撮るんだろう……。好きな監督ではあるんだけど、毎回「ちょっとそりゃないんじゃないの?」と思ってしまう部分を孕んだモンダイ作ばかり放ってくるので、世間的には軽くバカにされている感がある。最高傑作はおそらくテロの恐怖をパラノイア視点で描いたスリラー『隣人は静かに笑う』(1998)だろう。終盤の「それはねえだろう」的な展開も、強引な力技として押しきってしまうところが個人的にはとても面白かった(いちばん大好きなのは、手がグチャグチャになった子供が出てきてバダラメンティの狂ったスコアが炸裂するアヴァンタイトルだけど)。今回の『ヘンリー・プールはここにいる』も、やっぱり否定しがたい「穴」を内包した作品で、決して悪くはないし面白くもあるんだけど、観終わった後には「何かもっと別のうまいやり方」を夢想せずにはいられない映画だった。

henry-poole_barraza.jpg

 ルーク・ウィルソン演じる主人公ヘンリー・プールは、閑静な住宅地にたった一人で引っ越してきて、誰とも関わり合わずに静かな生活を送ろうとしている男。ところが、隣人のおばさんが壁に浮き出たシミを見て「イエス様の顔だ」と言い出したことから、神父や住民たちまでもがヘンリー宅の“奇跡の壁”を一目見ようと押しかけ始める。思わぬかたちで平穏をぶち壊されたヘンリーは、同じく隣人で、自閉症の娘を抱えるシングルマザーのドーンとも交流を持つようになる。ただ静かに余生を過ごそうとしていたヘンリーの中で、次第に何かが変わっていくが、彼に残された時間はあとわずかだった……という物語。生きる希望を失っていた主人公がある不思議な出来事(神の意志)をきっかけに、再び周囲との関係性を取り戻していくというクラシカルな物語を、「壁のシミ」というきわめて形而上的かつ文字通りしみったれたモチーフで描こうとした意欲作である。コメディ風の売り方をされているが、基本的にはいたってシリアスに奇跡や希望について考察するドラマで、予想と違って面食らう人もいるだろう。

henry-poole_window.jpg

 とても魅力的なプロットであるだけに、物語としてどう着地させるかによって傑作になるかもしれないと期待していたのだけれども、そこでまたペリントン作品らしい「穴」が発生してしまった。詳しくは書かないが、まあどっちかしかない話なので、大体分かってしまう気もするけど……要するに「えっ、そのまんま?」な方向。確かに、最近はバッドエンドの映画が多すぎる。しかし、人生の機微をきっちり描こうとした物語のオチにしては甘すぎるし、風変わりな寓話にしては飛躍に欠ける。あまりにも素面でファンタジーが正当化されすぎていて、まるで宗教の勧誘パンフレットに載っている小話みたいな枠内に収まってしまい、映画自体のスケールもそこでグッと縮まってしまうのだ。別にスタジオからラストの改変を迫られたわけでもなく、最初からこういうオチがやりたかった脚本ではあるようだけれども、もっと深みのある物語にできたはずだと思わずにはいられない。

henry-poole_river.jpg

 ただ、中盤まではなかなかいいのだ。パラノイアックなスリラー作品の印象が強いペリントン監督だが、その真摯なドラマ演出は観客の心をしっかりと掴んでくれる。やや甘ったるい部分もなくはないが、きっと普段の作風からの反動だろう。これまでの作品同様、カメラワークへのこだわりも印象に残る。特にレンズの使い方が相変わらず独特だ。子ども(少女)を捉えるカメラがやけに艶めかしいのも、ペリントンの危ない癖か? 陰影の中にスポットライトを当てるような、おなじみの照明デザインも効果的に用いられている。

henry-poole_two.jpg

 何よりこの映画を無視できないものにしているのは、役者の演技の素晴らしさだ。ペリントン監督は間違いなく俳優への演出にも秀でていると思う。主人公ヘンリーを演じるのは、スター女優のかませ犬(もとい相手役)と、ボンクラコメディの主役を演じさせたら右に出るものはない、ウィルソン三兄弟の星ことルーク・ウィルソン。今回は久々にシリアスな役を得て、希望を失った男を抑えた芝居でデリケートに表現し、ストイックな演技派としての力量を見せてくれる。『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』(2001)のような演技がまた見たいと思っていたファンは必見だ。

 そして、本作でいちばん光っているのが、ヒスパニック系の隣人エスペランサおばさんを演じる、アドリアナ・バラーザである。多言語群像劇『バベル』(2006)でも断トツで素晴らしい演技を披露していた彼女が、今回は無邪気で可愛らしい、孤独な中年女性を絶妙に演じている。壁のシミに神様の姿を見てしまうというヒステリカルなおかしさを持ったキャラクターが、こんなに愛らしく繊細な人物像になったのは、彼女の存在あってこそだろう。シングルマザー役のラダ・ミッチェルも相変わらずうまい。ペイシェンス(忍耐)という意味深な名前の近眼少女を演じたレイチェル・シーファースも印象的だし、女優陣は軒並みよかった。

henry-poole_register.jpg

 傑作・秀作まであと少し、という惜しいところまで行った映画である。それだけに、このまま見逃してしまうのも、ちょっと惜しいと思える佳作だ。

・Amazon.co.jp
DVD『ヘンリー・プールはここにいる ?壁の神様?』

【“『ヘンリー・プールはここにいる ?壁の神様?』(2008)”の続きを読む】
スポンサーサイト

『ロックンローラ』(2008)

『ロックンローラ』
原題:ROCKNROLLA(2008)

rocknrolla_poster.jpg

 死んでいることに気づいていないのは『シックス・センス』のブルース・ウィリスだけでなく、今のガイ・リッチーもそうなのではないか……と思わずにいられない監督最新作。決してつまらない映画ではない。不幸な結婚生活を清算して、やっと晴れ晴れした気持ちで昔の調子を取り戻し、得意の犯罪群像劇ジャンルで大はしゃぎしている開放感は、ひしひしと伝わってくる。だが、全編にみなぎる“こいつ終わってる感”は否定できない。

 近年の不調を経てガイ・リッチーがようやく立ち戻った場所は、まったくデビュー当時と変わらない「お馴染みの世界」だった。いかにもCG世代のセンスという感じのオープニング、ロンドンの地価高騰やロシアンマフィアの台頭といった社会的側面など、細かい部分で新しいモードを入れようとしている部分もある。だが、基本的には初期長編2本のテイストそのまま。箱庭的世界観で繰り広げられるギャングたちの小競り合い、トリッキーな物語構成、マクガフィン、ニックネームで呼び合う男たち、コミカルな台詞の応酬、小粋なエンディング……。その全てが破壊的にダサイことに、監督は気がついているのだろうか? いや、きっと無自覚だろう。それがいちばんイタい。さらに、傑作『フィクサー』(2007)で強烈なブレイクスルーを果たしたトム・ウィルキンソンを起用しておいて、単なるギャングのボス役しか与えてない感性の古さも、如何ともしがたい。

rocknrolla_gallery.jpg

 同じことをするのでも、今はもっと他に洗練されたやり方があるはずだし、今のモードが見えていれば、こんな使い古されたストーリーテリングは選ばないはずだ。しかし、ガイ・リッチーは敢えて昔と同じようなノリで、見事に同工異曲の犯罪アクションコメディを作ってしまった。おそらくそれが本人にとっていちばん心地好いから。

 ここまで見事に時計の針が止まってしまっていると、逆に大したものだとも思う。このまま伝統工芸的に似たような映画を作り続けて、特定のファンに愛されていく存在になっていくのなら、それはそれでありかもしれない。もしそうなら、個人的にはガイ・リッチーの映画など二度と観ないと思うが。

 『ロックンローラ』はまるで、時代から取り残された亡霊の仕事だ。そう思うと、本作が『TATARI』や『ゴーストシップ』などを手がけたホラー映画レーベル、ダークキャッスル・エンタテインメントで製作されたことが意味深に思えてくる。それは冗談としても、初期作品の面白さに胸躍らせた身としては、できればこれが単なる肩慣らしであってほしいと願うばかりだ。同じくイギリス犯罪映画の歴史を塗り替えた『狙撃者』(1971)マイク・ホッジス監督のように、これからは得意のジャンルとも決別する勢いで、洗練と多様性をもって新作を放ってくれれば……まあ、無理か。

【“『ロックンローラ』(2008)”の続きを読む】

『カン・チョルジュン 公共の敵1-1』(2008)

『カン・チョルジュン 公共の敵1-1』
原題:강철중 공공의 적1-1(2008)
英語題:Public Enemy Returns

publicenemy1-1_poster.jpg

 ソル・ギョング演じる狂犬アウトロー刑事、カン・チョルジュンが帰ってきた! 韓国で大ヒットを記録したカン・ウソク監督の快作コミカルアクション『公共の敵』(2001)の、同スタッフ&キャストによる待望の続編である。なぜタイトルが「1?1」なのかというと、前作『公共の敵2 ?あらたなる闘い?』(2005)では、主人公カン・チョルジュンが(役名も同じで、演じる役者も同じだが)スーツ姿の熱血検事という全くの別キャラクターになっており、いわばパラレルワールド的な姉妹編的作品になっていたからだ。確かにこちらもそれなりに見応えのある力作だったが、人間としてサイテーな主人公がハチャメチャに大暴れする1作目がすごく楽しかったファンにとっては、正直ちょっと物足りない感は否めなかった(個人的には「こんなのオレが好きな『公共の敵』じゃないやい!」とすら思ってしまった)。

▼第1作『公共の敵』ポスター
publicenemy1_poster.jpg

 第1作の主人公カン・チョルジュンといえば、喧嘩上等・恐喝三昧・職務怠慢がモットーの“ひとり暴力団”刑事で、おまけに麻薬密売にまで手を染めかけるダメ人間。まさに「公共の敵」として観客の前に現れる彼は、一方で不公平な社会に苛立ち、安月給の貧乏暮らしに悶々とする庶民派であった。そんな彼が標的として追いかけるのは、金のために両親を殺した上、享楽的に犯行を重ねる裕福なヤンエグ。つまり、韓国社会ではタブーとされる親殺しの大罪も平気で犯す新世代の若者で、しかも鼻持ちならない金持ち野郎=真の「公共の敵」を、社会のどん底を這うはぐれ者がルール無用でぶちのめす。そのカタルシスだけで全編を引っ張る映画なのだ。あまりにも庶民感情に正直すぎるシンプルかつ乱暴な対立構図は、韓国国内の観客たちの心を鷲掴みにした。そして何より「俺は確かにろくでなしだけど、それでもあの野郎だけは許せねえんだ!」と怒りにうち震える一匹狼チョルジュンの姿は、すこぶる魅力的だったのだ。

▼第2作『公共の敵2 ?あらたなる闘い?』ポスター
publicenemy2_poster.jpg

 第2作ではそうした不良性が意図的に排除され、「組織内で持て余されたアウトローが、上層階級にあぐらをかいた悪党を容赦なく追いつめる」という骨子は残しつつ、ハリウッド映画的な社会派エンターテインメントを作ろうとする意欲が濃厚に感じられた。主人公のキャラクターはある意味とても古典的な正義のヒーローとなり、ソル・ギョングは前作と打って変わって理知的な好人物を見事に演じ上げた。しかし、代わりに前作にあった痛快なカタルシスが失われたのもまた事実である。『公共の敵2』は第1作をしのぐ興行成績こそ記録したものの、不良刑事カン・チョルジュンの帰還を心の底で切に願ったファンも少なくなかったに違いない。そして、満を持して作られたのが第1作の直接的続編、シリーズの“初心に帰った”本作『カン・チョルジュン 公共の敵1-1』である。

 とはいえ、第1作から7年もの時を経て、さすがに主人公のハチャメチャぶりも薄まってしまったのではないか? という危惧を抱いている方には、自信をもって「心配無用!」と答えられる。なんせ開巻15分足らずで辞職してしまうのだから(笑)。

publicenemy1-1_cheoljung.jpg

 今回の『公共の敵1?1』は、とにかく楽しい映画だ。特に、第1作の破天荒で大人げなく、孤独な哀愁を背負ったカン・チョルジュンが大好きで、第2作の颯爽としたヒーロー像がイマイチだった(僕のような)観客にとっては、全編「これこれ、これだよ?!!」と膝ポンしまくりの快作である。シリーズとしては、ちょっと骨太さや深みに欠ける部分もあるが、ファンサービスを第一に考えてエンタテインメントに徹した姿勢は高く買いたい。

(注:ネタバレするかもしれないので、日本公開を楽しみにしている方は読み飛ばしてください!)

【“『カン・チョルジュン 公共の敵1-1』(2008)”の続きを読む】

「TRASH MOVIE FESTIVAL」@シアターN渋谷、開催決定!

 3月21日からの1週間、トラッシュ・カルチャー・マガジン「TRASH-UP!!」プレゼンツによる映画祭「TRASH MOVIE FESTIVAL」が開催されます。会場はおなじみシアターN渋谷。第3号の準備にも追われているのに大丈夫なのか!? と思わずにはいられませんが、『ザ・クランプス/精神病院ライブ』や『悪魔の毒々おばあちゃん』、さらに『死霊の罠』までスクリーンで観られるとあらば、駆けつけないわけにはいきません。会期中は会場限定の小冊子も配布予定だとか。数年前に旧アップリンク・ファクトリーでやっていた「ユーロトラッシュ不法集会」に通っていた頃を思い出します。

tmf2009.jpg

TRASH-UP!! presents
TRASH MOVIE FESTIVAL

2009.3.21(土)?3.27(金)@シアターN渋谷
連日21:10から 1000円均一 DLP上映

トラッシュ・カルチャー・マガジン「TRASH-UP!!」が贈る、トラッシュづくしの一週間!
普段、レンタルビデオでしか観ることができないトラッシュ・ムービーを、映画館の大スクリーン・大音量で楽しもうと言うスペシャルな企画。
ベルギーやパキスタンの珍品ゾンビ映画、美形の天使達の戦いを描いた伝説的やおいホラー、さらに日本初のスプラッター・ホラー等、どれも自信を持ってお送りできるトラッシュばかり。新しいジェイソンとは友達になれなかった人、バレンタインもなんか乗れなかった人、みんな一緒に楽しみましょう!

《上映作品》
3.21(土)
追悼ラックス・インテリア
『ザ・クランプス 精神病院ライブ』

1978/アメリカ/20分
監督:不明
出演:ナパ州立精神病院の患者さんたち、ザ・クランプス
2009年2月4日に亡くなったラックス・インテリアの追悼上映。
1978年6月、カリフォルニアのナパ州立精神病院で患者達を前に行われた伝説的なライブ映像。ただただ幸福な気持ちになる20分間。

日本最終上映
『全身ハードコア GGアリン』

1984/アメリカ/50分
監督:トッド・フィリップス
出演:GG・アリン、ディー・ディー・ラモーン
狂気のパンク・ロッカーとして世界中に悪名を届かせたGGアリン、その想像を絶する人生の記録。観客との暴力沙汰、糞尿まきちらし等のパフォーマンス、そしてドラッグのオーバードーズによる死までを余すことなく描きながら、表現という行為自体を深く考えさせるロック・ドキュメンタリーの傑作。
提供:Screaming Records

3.22(日)
『悪魔の毒々おばあちゃん』
原題: RABID GRANNIES
1988/ベルギー/95分
監督:エマニュエル・ケルヴィン
主演:カトリーヌ・エイメリー、カロリーヌ・ブラックマン、ロバート・デュボア
モンスターに変身したおばあちゃんが大暴れする、珍しいベルギー産ホラー。大富豪の老姉妹の誕生日を祝う為に、古城に集まった人々。しかし、突如モンスターに変身した老姉妹によって、古城は血まみれの大惨事と化す!! 笑い・恐怖・スプラッターのバランスが絶妙な傑作ホラー。
提供:コンマビジョン

3.23(月)
『パキスタン・ゾンビ』
原題:ZIBAHKHANA
2006/パキスタン/78分
監督:オマー・カーン
出演:アシュファク・バッチ、スルタン・ビラ、オスマン・カリド・ブット
パキスタン初のゴア・ムービー! 『ゾンビ』meets『悪魔のいけにえ』な展開に、魔術を使う老婆、人喰い族まで登場するモダン・エキゾ・ホラー。キャンプに向かう5人の若者達に、突如襲い掛かるゾンビの群れ! 辛うじて逃れた彼らだったが、悪夢は始まったばかりだった……。
提供:キングレコード

3.24(火)
『ゾンビ2009』☆トークショー有☆
原題:ZOMBI: LA CREAZIONE
2007/イタリア/92分
監督:ヴィンセント・ドーン
主演:イヴェット・イゾン、アルヴィン・アンソン、ポール・ホーム
「ゾンビ手帖」伊東美和氏、絶賛!! ストーリーは今さら『エイリアン2』のパクリ。兵士の武器はどうみてもオモチャ。しかし、これこそが正しいイタリンアン・ゾンビ映画なのだ! ゾンビに襲われた孤島から奇跡的に生還したシャロン。しかし、彼女は島に取り残された科学者たちを助けるため、特殊部隊と共に再び島へ向かうことになる……。
提供:株式会社アートポート

3.25(水)
『ゴッド・アーミー/悪の天使』
原題:God's Army
1994/アメリカ/98分
監督・脚本:グレゴリー・ワイデン
出演:クリストファー・ウォーケン、ヴィゴ・モーテンセン、エリック・ストルツ
クリストファー・ウォーケンとヴィゴ・モーテンセンが競演した伝説の耽美ホラー!! 聖職者になりそこなったトーマス刑事。ある日、彼の前に突然その過去を知る男が現われ、大天使ガブリエルが天使の軍を率いて人間を攻撃しにやってくると警告する。その直後、トーマスは奇妙な殺人事件の捜査を担当することに……。
提供:バンダイビジュアル

3.26(木)
『HATCHET/ハチェット』☆トークショー有☆
原題:HATCHET
2006/アメリカ/84分
監督:アダム・グリーン
主演:ジョエル・デヴィッド・ムーア、タマラ・フェルドマン、デオン・リッチモンド
ニュー・ホラー・ヒーロー“殺人鬼ビクター”誕生!! 「深夜の怪奇沼ツアー」に参加した若者たちに襲いかかる、斧(ハチェット)を手にした大男……。『13日の金曜日』シリーズでジェイソンを怪演したケイン・ホッダーが殺人鬼ビクターを熱演、さらに怪優ロバート・イングランドもゲスト出演。
提供:株式会社アートポート

3.27(金)
『死霊の罠』
1988/日本/100分
監督:池田敏春
脚本:石井隆
特殊メイク:若狭新一
主演:小野みゆき、本間優二、小林ひとみ
日本初の本格スプラッター・ホラーにして最高峰!! TV番組のレポーター名美のもとへ送られてきた謎のスナッフ・ビデオ。制作部の仲間たちと共に真相を探るうち、辿りついたのは郊外の基地跡。そこで彼らを待ち受けていたのは……。血しぶきをあげる女体、惨劇につぐ惨劇! 息もつかせぬ残虐シーンがスクリーンを血色に染める。
提供:ジャパンホームビデオ株式会社


・Amazon.co.jp
雑誌「TRASH-UP!! Vol.2」

『奇談』(2007)

『奇談』
原題:기담(2007)
英語題:Epitaph

gidam_poster1.jpg

 傑作。1942年の京城(ソウル)を舞台に、ある小さな病院で起こる怪異の数々をオムニバス風に綴った、異色のホラーファンタジー。監督・脚本を手がけたのは、これがデビュー作となるチョン・シク&ボムシク兄弟。「TRASH-UP!!」の韓国取材でお話をうかがった映画ライターの方が、自国のホラー映画ベスト5の1本として本作を挙げていて、さっそくDVDで観てみたら本当に素晴らしい作品だった。

 氷の下で見つかった美しい女子高生の死体に魅せられる医学生パク。悲惨な交通事故から生還しながら終わらない悪夢に襲われる少女あさこ。そして、愛する妻に「影がない」ことを知ってしまったエリート医師ドンウォン。それぞれの物語は微妙に交錯し、生と死の境界はだんだんと曖昧になっていく……。そんな恐ろしくも物悲しい3つの“奇談”を、チョン兄弟はスタイリッシュな映像美とトリッキーな語り口を駆使して、スリリングに描いていく。その感覚は『ツィゴイネルワイゼン』(1980)や『夢二』(1991)といった鈴木清順の諸作品を連想させずにはおかない。作品自体の孕む死生観も含めて。

gidam_street.jpg

 日帝時代を背景にしながら、それを不遇の時代として描かず、文化衝突のカオスが生んだルネッサンス期として捉える視点が新鮮だ。当たり前のように日本語が話され、日本軍兵士が街を闊歩し、創氏改名によって朝鮮国民が日本人名を名乗らされている当時の日常。それは一見平穏に見えても、どこか秩序を失ったシュールな世界という風情で映しだされる。迫り来る戦争の足音の中で、人間の生と死もまた容易に混濁していく。

gidam_japanesque.jpg

 耽美的な幻想シーンにも和のエッセンスが大胆に採り入れられ、グラフィックアートとしても完成度の高い典雅なビジュアルを作り出している。それらの鮮烈なイメージの数々を目に浴びているうち、作り手がこの時代背景を選んだのも、歴史的な興味というよりはこうしたビジュアルを実現したかったからではないか、と思えてくる。同時に物語的なイマジネーションも存分に喚起する時代設定であり、その意味でもなかなか目の付けどころがいい。

 映像の美しさだけで片時も目の離せない作品だが、なおかつホラー映画としてもしっかり怖い、というのが本作の偉いところ。夜の病院、手術の記録フィルム、遺体安置所、鏡といったモチーフの使い方がとても巧みで、不気味なムードを見事に醸し出している。血のデザインも素晴らしい。個人的には、ムードばかりでいまいちホラー映画としての魅力を打ち出せなかった感のある『箪笥』(2004)などより、ずっと好感が持てた。

gidam_blood.jpg

 また、3つ全てのエピソードに切ないラブストーリーの要素が織り込まれ、統一感を持たせているのも上手い。エンディングではしみじみと感動させられてしまった。愛する者の「喪失」が、この映画のもうひとつのテーマでもある。そこには戦争という悲劇に呑まれ、民族的アイデンティティを失っていく当時の国民心情も重ねられているだろう。本作は1979年という時代から幕を開けるが、そこでも生き残った者の「喪失」はリアルタイムの痛切なうずきとして、静かに脈打っている。

gidam_doctors.jpg

 俳優もみな素晴らしい。クールな美貌の女医イニョン役のキム・ボギョン、死美人あおいに扮するモデル出身の新人ヨジなど、出てくる女優陣が軒並み美しく、ちょっと度肝を抜かれる。2話目の主人公である少女あさこ役のコ・ジュヨンも、日本のアイドルみたいですごく可愛い。その母親を演じるパク・チアはキム・ギドク作品でお馴染みの女優で、「韓国の白石加代子」と呼びたくなる怖さ。医大生パク役のチング、足の悪い青年医師スイン役のイ・ドンギュ、エリート医師ドンウォン役のキム・テウの好演も印象に残る。また、日本人将校・秋山を渋い魅力で演じる名傍役キム・ウンスがかっこいい。日本映画学校で学んだ経験があるらしく、どうりで日本語の台詞がうまい。冒頭で年老いたパクとして登場するのは、『火女'82』(1982)で情けない夫役を演じたベテラン名優チョン・ムソンだ。

gidam_poster2.jpg

 やや話が分かりづらい部分や、不自然な繋がりが気になるところもあるが、最後まで観ると「あ、そういうことだったのか」と合点が行く仕掛け。そのあたりは好悪の分かれるところだろう(まあ、ちょっと凝りすぎな感は否めない)。ともあれ、若い作家の才気が画面の隅々までみなぎる、魅力的な小傑作だ。一応、観る前の基礎知識として、日本による朝鮮支配の歴史は知っておいた方がいいと思う。

(追記:日本では『1492奇談』のタイトルで2009年11月4日にDVDリリース)

・Amazon.co.jp
DVD『1942奇談』


・Scriptvideo
DVD『奇談』(韓国盤・リージョン3・英語字幕つき)


【“『奇談』(2007)”の続きを読む】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。