Simply Dead

映画の感想文。

『フラッシュ・ゴードン』新版DVDはファン必携!

flashgordon_universal_dvd.jpg

 さる3月13日にユニバーサルから発売された、マイク・ホッジス監督の『フラッシュ・ゴードン』(1980)のDVDは、ファン必携の1枚。内容はフランス盤の「Special Edition」、そしてイギリス盤の「Silver Anniversary Edition」とほぼ同じでした。ノートリミング版の本編の他、ホッジス監督による音声解説(イントロダクションつき)、監督へのインタビュー、予告編、静止画集が収録されたデラックス版です。かつて東北新社から出ていた旧版DVDには本編しか収録されていなかったので、段違いのグレードアップ(東北新社版もメニュー画面は頑張ってましたけど)。

 マイク・ホッジス監督自身の声や映像が、国内で字幕つきでソフト化されるのは、今回が初めて。とにかくかっこいいオヤジなので、その魅力がちゃんと日本の観客の目にも触れるようになったのは、すごく嬉しいです。

 音声解説には『フラッシュ・ゴードン』製作当時の裏話が満載。当サイト「deadsimple」や、名著『Get Carter and Beyond』にも記載されていなかったエピソードもバンバン出てきます。そしてインタビュー映像は、『フラッシュ・ゴードン』に関する話題だけでなく、監督自身がこれまでのキャリアや生い立ちを大まかに語る「マイク・ホッジス入門」ともいうべき内容。ファンにも初心者にもおすすめです。

 本編の画質・音質は、PALマスターを日本のNTSC規格に変換しているため、残念ながら原盤ほどクリアーではありません。また、スタジオ・カナル=ユニバーサル商品のご多分に洩れず、字幕にも多少の難あり。翻訳ソフトでも使ったのかと思う箇所もあったりして、多分ちゃんとした校正者がいないんでしょう。コストダウンもいいですけど、粗悪品を大量流通させるのはどうにかしてほしいです。

 そんな欠点もありますが、これまで出ていた『フラッシュ・ゴードン』の国内版ソフトの中では、最も充実した内容の商品であることも事実。ファンならば多少のチョンボには目をつぶってでも手に取るべき1枚。こんな感じでホッジスの真の代表作である『狙撃者』『Pulp』『ブラック・レインボウ』『ルール・オブ・デス/カジノの死角』などが出てくれれば嬉しいんだけど……。

・Amazon.co.jp
DVD『フラッシュ・ゴードン』(ユニバーサル)

スポンサーサイト

『PULP』北米盤DVDレビュー

pulp_ntsc.jpg

 4月にやっと北米でもDVDがリリースされた、マイク・ホッジス監督の傑作『PULP(テレビ放映題:悪の紳士録)』。DVD Fantasiumで注文する前に、新宿のディスクユニオンで売っていたので、その場で購入しました。

 ランニングタイムは98分。先行して発売されていた欧州盤は92分でしたが、本編自体に差異はありません。分数が異なるのは、ヨーロッパのテレビ規格であるPAL方式でテレシネした場合、若干早回し収録になるため。

 スクリーンサイズはスタンダード(1:1.33)になるという情報がありましたが、実際はヴィスタ(1:1.78)でした。欧州盤より画郭は広いです。色調・質感は渋めの落ち着いたトーンで、いたってクリアー。PALの方が明るく発色も鮮やかですが、これは好みの問題かも。音質に関しては、デジタルっぽいノイズ混じりだった欧州盤より、やや安定してます。初めてNTSCで観て、また改めてPAL盤と比較してみると、印象もかなり違いました。

 映像特典はなし。結局、内容的には欧州盤と変わりません。でも格段に入手しやすくなったのは喜ぶべきこと。気楽に手にとって観てくれる人が増えれば嬉しいです。

 それにしてもジャケット裏面に、本来のヒロインであるナディア・カッシーニじゃなくて、チョイ役の女優(ジャネット・アグレン?)の写真がドーンと載っているのは、ちょっと……。まあスチルがないんでしょうけど。

▼『PULP』のヒロイン、ナディア・カッシーニ
pulp_nadia_cassini.jpg

 細かい話はさておき、久々に観たらやっぱり最高の映画でした、『PULP』は。ラストは何度観ても、かっこよすぎて泣きます。

『PULP』北米で初DVD化!

M・ホッジス監督の傑作『PULP』が北米で初DVD化!

pulp_ntsc.jpg


 『狙撃者/Get Carter』(1971)の名コンビ、マイク・ホッジス監督とマイケル・ケインが続けざまに放った快作『PULP』(1972)の北米版DVDが、1ヶ月後の4月17日、MGM/UAから遂にリリースされます! 音楽はザ・ビートルズのプロデューサーとして有名なジョージ・マーティン(サントラ未発売)。ジャケットもなんかクール!

『PULP』(NTSC・リージョン1)
ランニングタイム:98分
画面サイズ:ヴィスタサイズ
音声:英語(Dolby Digital mono)
字幕:英語、スペイン語
発売日:2007年4月17日

 既発の欧州盤(PAL)と同じく、特に映像特典などはつかない模様。でも一部の人にはグッとお求めやすくなったのではないでしょーか。NTSC・リージョンフリーのデッキがあれば再生可能です。なんたって安いし。

▼Amazon
http://www.amazon.com/Pulp-Michael-Caine/dp/B000MTFDE2

▼DVD fantasium
http://www.fantasium.com/detail.phtml?ID=ACT46272

ちなみに『PULP』の作品解説はこちら↓
http://deadsimple.web.fc2.com/02_05pulp.html

 これで日本盤が出る可能性もちょっぴり出てきたということです! 『悪の紳士録』っていうTV放映題はちょっとアレだけど、この際なんでもいい! 出してくれ!

次のページ

FC2Ad